フケってそもそも何なの?フケが出来る仕組み

フケってそもそも何なの?フケが出来る仕組み

よく頭皮に関するトラブルで挙げられるのが、フケが大量に出るというトラブルです。
原因はいくつか考えられますが、多くは毎日髪を洗っているのにフケが出るというケースや、気づかないうちにフケが服にくっついていたなどの相談が挙げられます。

 

いずれもフケが出ることには変わりませんが、そもそもフケとは何なのでしょうか。

 

頭皮の角質

 

フケとは何なのかというと、頭皮についている角質細胞が剥がれたものといいます。
多少の量ならまだ問題はありませんが、問題となるのが、何かが原因で角質が大量に剥がれ落ちるケースで、フケが大量に出る分、髪から出たり、服に付いたりと、周りの人からも目立ってしまうので、何かと問題になりがちです。

 

乾燥フケの仕組み

 

フケは大きく分けて二種類に分類され、そのうち一つは乾燥フケと呼ばれています。

 

その名の通り頭皮が乾燥しているときに現れやすいタイプのフケで、頭皮に必要な皮脂がシャンプーなどで取り除かれているときや、頭皮の皮脂が不足した際、大量に皮脂が分泌されたときなどに表れることが多いので、頭皮の健康状態には常に気を配り、問題があるなら対策を講じる必要があります。

 

脂性フケの仕組み

 

脂性フケは人間のフケの主な種類の一つで、乾燥フケに比べて脂っぽく、爪や指にくっついて残るタイプを指します。

 

こちらの原因は頭皮を不潔にしていたり、頭皮に大量に溜まった皮脂が積もり詰まったことで発生することが多く、頭皮の皮脂を取り除くことで改善できます。
このとき頭皮を綺麗にしようとして何度も髪を洗うと、頭皮の必要な皮脂まで失われてしまい、乾燥フケや皮脂の過剰分泌につながるので注意しましょう。

 

 

頭皮から出るフケは原因によって対処法が変わり、放置すると様々な頭皮の病気につながります。
頭皮湿疹などになると激しいかゆみや痛みが延々続くようになり、日常生活にも支障を北す可能性が出てくるので、常に快適な生活を送ることが出来るように、頭皮の健康状態には気を配るようにしましょう。