頭皮のニキビ・フケの対策法

頭皮のニキビ・フケの対策法

ある日頭皮にかゆみや不快感を感じたら、その部分が湿疹・ニキビになっていた、という経験がある人もいらっしゃるでしょう。
それくらい、頭皮のできものは一般的です。

 

ただし、そのままにしておいて、症状が悪化して、炎症を起こすと厄介ですし、寝ている間に掻きむしったりして頭皮を傷つけてしまい、かさぶたになってしまうこともあります。

 

頭皮の湿疹・ニキビの原因になっているのが、「脂漏性皮膚炎」、つまり皮脂の分泌が多く、毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こしたものです。
頭皮の不衛生、また頭皮にいる細菌、微生物が原因となる場合もあります。

 

原因としては、以上のようなものが考えられますが、その他に皮膚の血行不良や、乾燥、新陳代謝の乱れなど、原因が複合化して起こることもあります。
普段目につきにくい部分ですので、気がついたときには相当悪化していることも。

 

まずは、皮脂の分泌が多い人、毎日洗髪しないと髪がべたつく、フケが湿っている、頭皮がかゆい、買いの肌が脂っぽい人は、生活習慣や体質などの影響で皮脂分泌が多い傾向にあるといえます。
もともと頭皮は体のなかでも皮脂腺が多くある場所なので、湿疹・ニキビ対策をしておいたほうがいいでしょう。

 

シャンプー・マッサージ

もし頭皮の皮脂の過剰分泌が理由になっている場合、毎日のシャンプーや、マッサージなどで症状を改善、頭皮の状態を良くすることができます。
シャンプーの際には、すすぎをしっかりして、シャンプー剤などが残らないようにする、それから肌にあっていないシャンプーを改め、刺激が少ないものに変えるようにします。

 

シャンプーのあとに「すこやか地肌」のような美容液を使って、しっかり頭皮をマッサージするのも、毛穴に余分な皮脂を詰まらないようにするコツです。

 

食生活について

食生活は、できれば油脂や糖分のとり過ぎなどをやめて、ビタミン、ミネラルを多くとり、睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

 

薬について

また、薬を使った治療もあり、抗ヒスタミン剤は薬局で手に入りますし、脂漏性皮膚炎の場合は、ケトコナゾールという、塗り薬を使います。
これは、真菌を殺菌する作用があるので、この症状に覿面に効くということです。

 

処方している病院などに問い合わせてみましょう。